ふと生牡蠣を想う。新宿のネオンとオイスターバー。

牡蠣が急に食べたくなったわけなんです。それも採れとれの新鮮な生牡蠣。この時期牡蠣鍋も美味しい季節ですが、ぷりっぷりで臭みのない生牡蠣が最高。とはいえここはコンクリートジャングル東京なんです。ましてや海も遠い新宿だったりするわけです。生牡蠣が美味しく食べる事ができる場所といえば、漁港の近くと相場は決まっています。さらに生の牡蠣は食中毒の危険性もあるので新鮮である事は必須条件。そんなこんなで私は新宿アルタ前で一人途方に暮れるのでした。

なんとか新宿で美味しい生牡蠣を食べる方法はないだろうか。そこで新宿や大久保の飲食店に詳しいA氏に相談してみる事にしました。このA氏、東京の中でも新宿近辺の飲食店の情報量に関しては右に出る者がいないと言われる程の猛者。ファーストフードからスイーツ、イタリアンに懐石とオールジャンル無敵キャラのA氏。ではA氏がこの記事を書けばいいのではないかと思ったそこの貴方。A氏はびっくりする程文章力がないんですよ。

さて、A氏は電話でこんな事を言っていました。都心部や内陸部でも美味しい牡蠣を食べる方法はあります。オイスターバーという言葉を耳にした事があると思います。このオイスターバーという店は、なんと全国各地の牡蠣を生牡蠣で出してくれるというのです。さらに店によっては世界各国の牡蠣を提供しているというから驚きです。そのオイスターバーの中でもA氏が自信を持ってオススメできる店が新宿にあるとの事。持つべきものは友、そして諦めないでよかった。。。こうしてA氏からオイスターバーの場所を聞き出すと、小走りで新宿東口へと向かうのでした。

JR新宿駅からおよそ徒歩10分前後になると思います。伊勢丹やビックロにも程近い新宿三丁目、飲み屋街で賑わう一角にこちらのお店をありました。「オイスターバージャックポット」そこまで大きくない店舗に先客がところ狭しと卓に着き、やはり皆さん生牡蠣を食べていられるようです。ここで問題が発生。Aさん!人気店過ぎて待ち時間がハンパじゃありません!なんとまさかの一時間半待ち。それでも私は絶対に生牡蠣を食べてやるんだと心に誓い、鉄の心でその時を待ち続けるのでした。次回はついに新宿オイスターバーのジャックポットで生牡蠣を実食。乞うご期待!

刺し身が美味しいのでご飯物も絶品。新宿の居酒屋で海鮮丼をいただく。

いつまで磯丸水産の話をするんだという声がちらほら聞こえてきました。これがまだまだ続いちゃうんです。ふとブログで語りたいメニューをリストアップして、おおよその投稿数を計算してみたんです。結果、まったく先が見えませんでした笑。それだけ美味しいメニューがたくさん実際にあるんです。それだけひとつのメニューで熱く語れちゃうんです。しかしここまでくると「まったく食べ歩いていないでないか」ではないのかというクレームが各所から聞こえてきそうなので、今回で一旦磯丸ポストをお休みしたいと思います。

さて、海産系居酒屋という事で忘れてはいけないのがお刺身。こちらも貝類がとても新鮮でイチ押しなんです。中でもつぶ貝の刺し身は貝類独特の臭みもなく、歯ごたえと香りが抜群。生の貝類貝類がちょっと苦手なんて方にもオススメしたい一品です。焼いて美味しい、刺し身で美味しい。魚介類の中でも貝類が大好物の私にはとても嬉しいメニューなんです。

刺し身単品もしくは刺盛りでも満足度はかなり高いのですが、もちろんセットで欠かせないのはご飯。その中でも特に注目すべきメニューは海鮮丼。海鮮丼をメインに食事目当ての客も少なくないというのですが、その人気の秘訣はバリエーションの豊富さにあるそうです。

まず定番メニューであるマグロ系どんぶり。鉄火丼&マグロの漬け丼は揺るがない定番メニューです。その他オススメの組み合わせも多数あるのですが、ご飯の上に乗せるお刺身等は組み合わせ自由という点がこの店の最大の威力。うにもいくらもサーモンも…なんて貴方にピッタリの海鮮丼を作ってくれるんです。ウニは苦手なのでその代わりにいくらを多めに入れて下さい。なんて注文の仕方も可能なんです。え?私のオリジナル丼ですか??男は黙ってイクラオンリー。これです。

何度も言いますが私は広報部の人間ではありません。とはいえこの記事を書いている最中にもリアルタイムでそういった声が聞こえてきたため、磯丸水産ポストは一旦お休みさせていただきます。また熱く魚介類について語る事ができる日を想い、次回はその他の新宿駅近辺や大久保駅周辺の食べ歩きレポートを皆様の元にお届けさせていただきたいと思います。乞うご期待!

ライブチャットで疲れた身体に染み渡るビールに合うメニュー特集

こんばんは、磯丸水産、東京広報部のAです。いやいや違うから。冗談はさておき今回は磯丸水産でぼくらが絶対に注文してしまう絶品メニューをご紹介しましょう。定番メニューから隠れ絶品メニューまで。全メニュー制覇した私だからこそ自信をもってお伝えできるのです。

まずはなんと言ってもかに味噌。某飲食店メニューランキング当てないと帰れないよ番組でも堂々の1位にランクインしたエースの中のエースです。カニの甲羅の中にカニ味噌と何かを混ぜあわせたものが入っていて、それをテーブルの上で網焼きにします。火が通りふつふつとしてきたらかきまぜてはいできあがり。

正直食べてみないとこのうまさは伝わらないと思います。味噌が焦げた香り、とろとろの口当たり。カニの甲羅に入っているのでそのビジュアルも相まって、至高の逸品とかしています。これがまたビールに合うんです。想像してみてください。仕事終わり、磯丸水産であっつあつのカニ味噌。そこにキンッキンに冷えたジョッキの生ビール。そうですね、ビールは一番搾りでどうですか?もう最高でしょう。え?近所の磯丸水産をググってしまったって?まだまだ美味しいメニューはたくさんあるので落ち着いて下さいね。

そしてどうしても外せないのは浜焼きメニュー。その中でもピカ一はまぐり。サザエの壺焼を差し置いての浜焼きランキング(個人的)堂々の第一位。貝殻がカパッと開いたあとにしょうゆを一指し。どうですか?そのうまさが容易に想像できるでしょう。そうなんです。これがまたビールに合うんです。そうですね、今度はスーパードライなんていかがですか?もう我慢できなくなってしまった方も多いでしょう。やっぱり磯丸水産といったら浜焼きなんです。

今回の投稿で魅力はかなり伝わったのではないでしょうか。ですがまだまだこれから。次回はお寿司を含む、海鮮丼等のご飯物を中心にご紹介していきたいと思います。乞うご期待!

新宿、大久保界隈で24時間営業の居酒屋と言えばここ!

こんばんは、噂のライブチャット新宿店のスタッフAです。あまりに話に出てくるという事で、ついに記事を書くこととなりました。私の場合は歌舞伎町界隈をホームとしておりますので、新宿・大久保近辺のお店食べ歩き記事が中心になるかと思います。どうぞ宜しくお願いします。

さて、僕達のように夜型の生活をしている者達に重宝される飲食店といえば24時間営業のお店。となるとどうしてもチェーン店になってきます。そんな数々のチェーン店の中でもおすすめの飲食店をご紹介したいと思います。

なんと言っても最初にご紹介したいのは「磯丸水産」です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こちらのお店は各テーブルに卓上のコンロが備え付けられていて浜焼きができちゃうんです。値段もリーズナブルながら、はまぐりやホタテ、サザエ等がその場で焼きたてで食べられちゃったりするので味は本格派。24時間営業の居酒屋の中では頭ひとつ抜けているといっても過言ではないでしょう。

こちらのお店は新宿エリアでもかなりの店舗数があるのですが、僕達がよく訪れるのは磯丸水産大久保駅前店さん。JR大久保駅の北口から徒歩0分!駅を出たら並びにもう見えてきます。こちらのお店は繁華街から若干外れた立地のため、店内が混雑していて入店できないというような残念パターンが少ないんです。大久保駅前店によく行かれる方はもしかしたら私達を見たことがあるかもしれませんね。

そんなわけでもう数え切れない程磯丸水産さんにお世話になっています。次回は人気メニューのご紹介をさせていただきたいと思います。乞うご期待!

大久保で姉妹店を発見!新宿の有名ラーメン店「凪」

ある時新宿から大久保へ向かって歩いていた時の事。大ガードから小滝橋通りへ出て、小滝橋通りを北上。トコトコと歩道を歩いているとどこかで嗅いだことのある煮干しの香りが。。。ふと香りの漂ってくる方向を見てみるとそこには見たことのある「凪」の看板があったのです。

ライブチャットの仕事で疲れきっていた私の身体はとてもとても炭水化物を欲していたのです。小麦の炭水化物は人体のエネルギー。そこに煮干しの強烈なスメル。これはもう凪るしかないでしょう。そんな事を考えながら私は凪の暖簾をくぐるのでした。

ここで心配なのが姉妹店であるこちらの大久保店は本店の凪と同じ味を提供しているのかどうか。そんな心配を一発で吹き飛ばしてくれました。本店とまったく同じ味のスープ、同じ麺。あぁ、煮干しが香る凪の味。疲れた私の胃に染みこんでゆくようなイメージさえ与えてくれます。

どうやらこちらの姉妹店のスープ、本店と同じスープを使用しているとの事。本店で作っているのか、はたまた違う場所で作っているのか詳しい事は聞けませんでしたが、姉妹店全店で一箇所で作っているスープを使用しているみたいです。ラーメン店によってはグループ店それぞれでスープを作っているため、店舗毎に味にバラつきがあって安定した味を楽しめないケースが多々ありますが、凪では全店舗で安心して食べられるというわけです。

大久保から新宿店へ…となるとちょっと距離があります。そんな時は凪の大久保店へ。皆さんも是非。

意外と多い24時間営業のラーメン屋さん。新宿でラーメンならここ!

あまり訪れた事のない土地へ行くと、真っ先に目に入ってくるのがラーメン屋。昨今では地方のラーメン屋がピックアップされる事も多く、東京に住んでいると日本全国のラーメンを食する事ができてとても幸せです。

今回も新宿のライブチャット事務所に訪れた時の話。ライブチャットの事務所を運営しているとどうしても朝方にお腹が減ってくるという話は前述の通り。となるとやはり重宝されるのが24時間営業のラーメン屋さん。さすがに新宿ともなると数多くの24時間営業のラーメン屋さんがあるようです。

新宿のラーメンフリークの間でも有名なお店「凪」。今回はこちらのお店に訪れました。凪の特徴としてなんといっても煮干し。煮干し煮干し煮干し。スープは正に煮干しだらけ。ちょっと煮干しが苦手な方は凪には来られない方が良いかもしれません。もしあなたが煮干系のラーメンが大好きなら、至福な時間を過ごす事ができるでしょう。

今回はラーメンにスポットをあててみました。今後もご当地ラーメンをはじめ、東京神奈川の美味しいラーメン屋さんをレポートしていきたいと思います。

新宿の朝は定食屋で決まり。絶品煮魚定食に舌鼓を打つ。

僕らはライブチャットの事務所運営という仕事柄、仕事終わりが早朝になってしまう事が多々あります。朝方5時6時ともなると営業している飲食店はほとんどありません。食べあるきが趣味な僕ですから、これは非常に憂鬱だったりするわけです。

先日、僕が代理店を運営しているライブチャットのグループ店である新宿店にお邪魔した時の事。新宿ともなれば24時間営業や朝方まで営業しているお店も多いだろうと思っていました。そこで仕事終わりに一杯誘ってみたところ、あまり反応が良くない。話を聞いてみたところ、実は新宿でも朝方まで営業している飲食店はかなり少ないんだそうです。自ずと訪れるお店も偏ってしまいマンネリ気味なんだとか。「眠らない街新宿」というイメージが強かったからでしょうか。新宿の意外な一面に面食らった僕なのでした。

そんな中でもやはり美味しいお店はありました。今回訪れたお店は新宿歌舞伎町にある定食屋さん「ちづる食堂」です。なんと朝7時まで営業しているというから驚きです。JR新宿駅から徒歩15分と若干立地は悪いものの、この時間にしっかりとした定食を食べる事ができる貴重なお店です。いかにも和定食、といった雰囲気。清潔感はあるものの飾らない店内。不夜城歌舞伎町のオアシスといっても過言ではないかもしれません。

ライブチャットのスタッフの方に聞いたところ、こちらのお店のおすすめはなんといっても煮魚の定食だそうです。日によって仕入れる魚が変わるので、何が食べられるかはお楽しみ。この日はキンキの煮付けでした。お店によっては高級魚として扱われる魚がリーズナブルな値段で食べる事ができてしまったのはとても幸運でした。

朝方ともなると営業しているのは居酒屋さんやファーストフード店が多い中、こういった手作りの和定食を食べさせてくれるお店は大変嬉しいです。次回ちづる食堂に訪れた時はどんな煮魚の定食が出てくるのだろうと胸踊らせつつ、新宿を後にする僕なのでした。

食べ歩く為の資金調達はライブチャット代理店の運営に限る

都内某所を食べあるき。そんな外食三昧な生活を送れるにはワケがある。たかがランチに1500円や2000円をかけることができる人が東京都内にどのぐらいいるだろうか?サラリーマンの月給ではランチにせいぜい800円が精一杯だろう。ブログでの収入を見込んでいない私が、はたしてどのようにして副収入を得ながら食べ歩きをしているか、今日は収入に関することを書いてみたいと思う。

代理店ビジネスで一儲けする

代理店ビジネスと言うと、コンビニエンスストアや、飲食店のフランチャイズ契約などをイメージするだろう。実はこの代理店フランチャイズ契約というものは、以外なところにも存在する。今回私が成功している代理店の中では、ダントツでライブチャットビジネスである。

このビジネスを簡単に説明すると。まずは女の子の求人を募集し、集めた人材をインターネット上で男性会員とチャットさせるという内容。いわゆるチャットレディを扱う仕事となる。

このビジネスのいい所は、初期コストが限りなく0に近く、低コストで始められるところだ。私の周りには誰一人このビジネスをやっている人がいなかったが、偶然たまたまインターネットでライブチャット代理店というサイトを見つけたのだ。契約するためにはいくつか条件があるが、18歳以上であることの年齢確認と、事務所があること。事務所がない場合でも在宅専門でライブチャット代理店を企業することも可能らしい。

最初は試行錯誤苦労したものだが、今では月の売上が1200万円にもなった。粗利益300万円と、一日5万円食事に使ってもおつりがくる。こういった生活を送りたければ、まずは一度ライブチャット代理店を試してみるといいかもしれない。

深夜に町田駅徒歩2分のBARで生牡蠣を食す

僕のように深夜をメインとした仕事をしている人間なら誰しもが思うだろう。「深夜に牡蠣を食べたい」しかも生牡蠣を食べたい。けど、牡蠣って実際どこで食べられるの?町田のオイスターバーも先日潰れてしまった・・。

そこで、昨夜訪問した牡蠣専門店シーダイニングリアン(町田駅徒歩3分)だ。シーダイニングリアンは、JR町田駅から歩いて2,3分のビルの地下1階にあるBAR。海底をイメージした店内インテリアはまるで自分自身が深海魚になったかのような空間である。

まずは広島県産の生牡蠣を注文。次に牡蠣のガンガン蒸しを注文。それぞれ牡蠣用ソースには醤油、レモン、チリソース、オイスターソースから選ぶことができる。店内カウンターには、半年以上漬け込んだであろうフルーツのシロップが並んでおり、酒の種類も豊富。

町田にきた際は一度試して頂きたい夜の隠れ家である。